回線ラボ

光回線、WiMAX、格安SIM・スマホ比較サイト

【2019年3月更新】WiMAX乗り換えキャッシュバックキャンペーン比較

更新日:

WiMAX乗り換えキャッシュバック
 

ヒカル君
初めに契約したWiMAXの更新月が来たから、次の乗り換え先を考えてるんだけど、どこがいいかなぁ。キャッシュバックをたくさんもらえるプロバイダはどこ?

 
当ページはこんな疑問を解決できる、WiMAXプロバイダのキャッシュバックキャンペーン比較ページとなっています。
 
2018年8月のWiMAXプロバイダキャッシュバック額TOP3は以下の3つです!

2018年8月更新
GMOとくとくBB…最大43,000円
BIGLOBE WiMAX…30,000円
@nifty WiMAX…30,100円

WiMAX15社のキャッシュバックキャンペーンを比較しました!

 

プロバイダ最高キャッシュバック額2年間の支払額:ギガ放題
(キャッシュバック適用)
GMOとくとくBB39,500円63,404円
@nifty WiMAX
*3年プランのみ
30,100円71,590円
BIGLOBE WiMAX
*3年プランのみ
30,000円72,370円
So-net WiMAX
*3年プランのみ
0円81,720円
3WiMAX
(auスマホ割に加入した場合のみ)
30,000円75,650円
ASAHIネット0円80,220円
BroadWiMAX0円82,809円
novas WiMAX0円96,120円
DIS Mobile0円103,068円
George mobile WiMAX0円103,372円
DTI WiMAX2+
0円103,800円
UQWiMAX0円106,068円
DriveWiMAX0円106,068円
J:COM WiMAX2+0円108,096円

 

おすすめ1位「GMOとくとくBB」唯一W05の2年プランあり!!

GMOとくとくBB
 
キャッシュバック額、2年間利用時の支払額ともにトップはGMOとくとくBBでした。
 
まだGMOを契約したことがない方は、とりあえずココに申し込んでおけば間違いありません。最近では最新端末W05の取扱も始め、唯一2年契約できるプロバイダです。
 
また、auスマホユーザーの方は「auスマートバリュー mine」というスマホ割引も同時適用できるのでめちゃくちゃ料金が安くなりますよ。
 

GMOとくとくBBの公式HPはこちら

 

おすすめ2位「BIGLOBE WiMAX」

BIGLOBE WiMAXキャンペーン
BIGLOBE WiMAXのキャッシュバック額は30,000円です。

さらに現在は、利用開始月が無料、3ヶ月目までは2,985円の値引きがあるので、お得に契約することができます。

総支払額では@nityが勝っていますが、プロバイダの知名度・評判等を考慮すると@niftyよりもBIGLOBE WiMAXがおすすめです。

BIGLOBE WiMAXの公式HPはこちら

おすすめ3位「@nifty WiMAX」

@nifty WiMAX

おすすめ3位は、@nifty WiMAXです。
 
キャッシュバック額は、GMOとくとくBBに次いで高額の30,100円です。少し前まではキャッシュバック0円でしたが、夏のキャンペーンで攻勢にかかったようです。ただし、個人的にはわたしも使っているBIGLOBE WiMAXがおすすめ。

@nifty WiMAXの公式HPはこちら

おすすめ4位「ASAHIネット」

ASAHINET WiMAX
 
おすすめ4位は、ASAHIネットです。
 
キャッシュバックキャンペーンは実施していませんが、月額利用料が最大6ヶ月無料になるため、2年間の支払額は他のプロバイダと比べても安くなっています。
 
選べる端末はW04・WX03・novas Home+CA・novas Home+CAのいずれかです。
 

ASAHIネットの公式HPはこちら

 

3WiMAXをおすすめしない理由

 
3WiMAXは4番目にキャッシュバック額が多いプロバイダですが、私はおすすめしません。
 
それは、以下のような理由があるためです。

3WiMAX…キャッシュバックキャンペーンを受けるには、auスマートバリューを申し込む&一時的にオプションに加入する必要があるから(商品到着後は解約可能)

毎月の月額料金を抑えたいなら「BroadWiMAX」もアリ

Broad WiMAX
 
今回のランキングでは入っていませんでしたが、キャッシュバック額や総支払額よりも毎月の料金を安く抑えたい方はBroadWiMAXもアリです。
 
BroadWiMAXの月額料金は、ギガ得プラン(3日で10GB制限)なら3,411円、7GBプランなら2,726円です。

BroadWiMAXはキャッシュバックの還元がない代わりに、月額料金を業界最安値に設定しているのです。

BroadWiMAXは唯一違約金(解約費用)の負担をしてくれるプロバイダ

また、BroadWiMAXは全プロバイダの中で唯一、他プロバイダから乗り換える際の違約金を上限19,000円まで負担してくれるプロバイダです。

そのため、今使っているWiMAXをすぐに解約したいという方はBroadWiMAXに申し込むことにより違約金0円で、業界最安値のWiMAXを使えるわけですね。また、auスマホユーザーは「auスマートバリューmine」でスマホ代が毎月最大1000円割引される点もこのプロバイダの特徴です。

初期費用無料の適用はクレジットカード支払い・WEBからの申込み・2つのオプションを付ける点に注意!

BroadWiMAXは違約金負担と同時に、初期費用の18,857円が無料になるキャンペーンも実施しています(でも普通はWiMAXでかかる初期費用は事務手数料の3000円くらいなんですけどね…)

ただしこのキャンペーンを適用させるには、

  • クレジットカード支払いを選ぶ(口座支払いはNG)
  • WEBからの申込みのみ(電話申込はNG)
  • 初めに2つのオプションを付ける必要がある(一応すぐに解除できます)

この3条件を満たす必要があります。反対にどれか一つでも間違った選択をすると、最初に2万円近い料金を払う必要があり、大損してしまうので、契約予定の方は注意して下さい。

 

BroadWiMAXの公式HPはこちら

WiMAXをお得に乗り換えるための選び方・手順

WiMAXの疑問

WiMAXは「契約更新」ではなく「乗り換え」の方がお得

WiMAXでは2年もしくは3年ごとに契約更新をする必要がありますが、ほとんどの場合、契約更新ではなく乗り換えのほうがお得です。

その理由は次の3点です。

  • 2年or3年を過ぎると月額料金が高くなるから
  • 他社に乗り換えればキャッシュバックをもらえるから
  • 新しいWiMAX端末を使える

2年or3年を過ぎると月額料金が高くなる

WiMAXのプロバイダは、最初に月額料金割引を設定していることが多いのですが、契約期間を過ぎると、月額料金が高くなることがほとんどです。スマホのような長期利用ユーザーに対する特典がないので、同じプロバイダを使うメリットはありません。

他社に乗り換えればキャッシュバックをもらえる

他社に乗り換えれば、高額キャッシュバックをもらうこともできます。契約時は事務手数料が発生しますが、それを差し引いても他社に乗り換えるほうがほとんどの場合お得になります。

私は10年近くWiMAXを使ってきましたが、契約更新月には毎回違うプロバイダに乗り換えて、これまでかなり多くのキャッシュバックをもらうことに成功しています。

新しいWiMAXルーターを使える

契約更新では古い端末を使い続けることになりますが、乗り換えれば新しいルーターを利用できます

WiMAXは毎年新しい端末を発表しているので、仮に契約期間が2年だとすると、いま使っているのは2世代前の端末ということになります。WiMAX端末は基本的に新しいほうが性能が優れているので、契約の手続きが少し面倒だとしても、快適にネットを使いたいなら新端末に乗り換えるべきでしょう。

WiMAX乗り換えのデメリットは?

では、WiMAX乗り換えのデメリットはどのようなものがあるのでしょうか?それは以下の3点です。

デメリット①解約・契約の手続きが必要

デメリット②WiFiの設定をやり直す必要がある

デメリット③場合によっては解約時の違約金がかかる可能性あり

ただし、解約・契約の手続きはすぐに終わりますし、WiFiの設定もこれまでWiMAXを使っていた方なら5分もあれば終わるはずです。

違約金に関しては解約タイミングによって発生する可能性があるので、気を付けなければいけませんね。

WiMAX乗り換え時の注意点

WiMAX乗り換えは、デメリットよりもメリットのほうが大きいことがお分かり頂けたかと思います。

では、次にWiMAX乗り換え時に注意しなければいけない点を説明します。

  • 違約金が発生しないか
  • 乗り換え予定のプロバイダは以前契約したことがないか
  • 2年契約or3年契約の確認
  • どの端末を選ぶか

違約金が発生しないか(契約更新月の確認)

初めに、自分が使っているWiMAXの契約更新月を確認しましょう。

契約更新月は、2年契約の人は25ヶ月目(受け取り月を含む)、3年契約の人は37ヶ月目(受け取り月を含む)に設定されていることが一般的です(プロバイダによって若干前後する場合あり)。仮に契約期間内に解約をすると、10,000円〜30,000円前後の違約金が発生するので気を付けてください。

ただ、今すぐに乗り換えたい方は、先ほども紹介したBroadWiMAXを契約すれば、違約金をほとんど払わずに乗り換え可能です。

乗り換え予定のプロバイダは以前契約したことがないか

WiMAXの乗り換えをする際、以前そのプロバイダを利用したことがないかを確認しましょう。

なぜなら過去に利用履歴のある人は、キャッシュバックをもらえない可能性があるからです。

ちなみに今回紹介したプロバイダでは

GMOとくとくBB▶「過去にGMOとくとくBBと契約され、現在退会済みの方は対象外」

So-net WiMAX▶「過去にSo-net モバイル WiMAX 2+ キャンペーン特典を受けられた方、Flat ツープラス ギガ放題 (2年) / Flat ツープラス (2年) / Flat ツープラス (期間条件なし) プランをお申し込みの方は、本キャンペーンの対象外」

BIGLOBE WIMAX▶「一度解約して、再度契約すればキャッシュバックキャンペーンを適用できる」

という結果でした。

2年契約プランor3年契約プランの確認(最低利用期間の確認)

プロバイダによっては、「2年契約もしくは3年契約」を選ぶ必要があります。

どちらがいいかは、あなたが料金を優先させるか、契約期間の短さを優先させるかで変わります。

当然、2年契約よりも3年契約のほうが月額料金は安くなります。ただし、同じWiMAXルーターを3年も使いたくない、常に新しいのが良いという方は2年契約のほうがいいですね。

どのルーターを選べばいいの?

WiMAXルーターを選ぶ際は、基本的に一番新しい端末を選んでおけばハズレはありません。 

ちなみに、今のおすすめルーターは、W05、WX04、W04の3つです。
 
筆者的には、まずW05を検討、W05を取り扱っていなければW04を検討することをおすすめします。それぞれの端末の比較はW05・WX04・W04どれがいいの!?徹底的に比較してみた こちらの記事で詳しく解説しています。    

プロバイダによって通信速度は変わらない?

 
WiMAXの通信速度は、プロバイダによってあまり変わらないと思っていいでしょう。
 
私はこれまで3つのプロバイダのWiMAXを使ってきましたが、ほとんど速度や安定性は変わっていません。しかし、引っ越しをして利用エリアが変わったりすると、速度が低下する可能性もあります。

つまり、WiMAXの通信速度や安定性は、プロバイダによってではなく、利用環境によって大きく異なるということです。そのため、住んでいる場所は同じで別のプロバイダに変えた場合は、以前とほとんど同じような感じで利用可能ということですね。

-WiMAX(ワイマックス)
-, , , , ,

Copyright© 回線ラボ , 2020 All Rights Reserved.